今年フリーランスになって失ったもの

こんにちは。
清水唯叶です。

会社員の方からすると

フリーランスの生活ってどう変わるの?

という疑問もあると思います。

 

フリーランスになってまだ1年経たないですが、失ったものもいくつかあるなと感じました。

もちろん得たものもたくさんあります。
(それはまた別記事で書こうと思います)

 

今回はフリーランスになって失ったものについて書きます。

・お金

・社会的信用

・休日

・恋愛

以上の4つです。

 

割と人生において大切なものばかりのように感じます。

しかし実際はそこまで困らないし、おそらくは必要に応じて後から取り戻していけるという考えでいます。

それでは順番に説明していきます。

お金

お金は大事ですが一時的になくなります。

なぜなら、すぐに結果は出ないからです。

安定した収入の消失

当然ですがサラリーマンの頃と比べると安定した収入は入ってきません

特に独立直後はほぼ収入は0に近いです。

退院直後だったこともあり、たしか初月は収入が5万円くらいでした。

アルバイトより稼げてないですよね^^;

 

僕もどうしてもサラリーマンのように毎月決まった収入があるという形に慣れていたので、収入がいきなり落ちるということはメンタル的にダメージが大きかったです。

とはいえ、収入が落ちるのは当たり前のこと。

僕の場合、完全に資金、人脈、実績、業界の経験のすべてが0の状態からのスタートだったからです。

未来の可能性は大きい

最初は0からのスタートでしたが、少しずつ進めています。

どこまで大きくなれるかはまだわかりませんが、サラリーマンをしていると上限が見えてしまっていたので正直モチベーションは上がりませんでした。

その点、フリーランスの自分の努力次第で最大化できるというビジネスモデル自体に魅力を感じています。

 

今は収入を上げることより、自分が今より貢献できるように成長していくことが大切だと考えています。

しばらくは生きていける分だけ確保しつつ、自分を必要としてくれる人の力になれればと思います。

社会的信用

これもフリーランスになるとなくなるとよく言われるものです。

たしかに周りから見ると何をしているかわからないし、信用されにくいのも納得でした。

正直、そこまで実感はない

僕の前職の看護師は比較的、社会的信用が高いと言われています。

安定した職業は社会から信用されます。

どういう時に信用が必要かと言われると、住宅や車のローン、賃貸物件を借りる時、お金を借りる時などです。

 

僕は独立後に早々に車を手放しましたし、現在は実家に住んでいます。
住宅は今後、購入するつもりはありません。(相当儲からない限りは)

そのため今の所、特に不便はないです。

 

でも、友達にイラストレーターとか漫画家って儲からないんでしょ?とよく聞かれますw

世間一般の認知はそうなので、今後変えていけたらいいですね。

休日

サラリーマンは休日と有給があります。

今、考えると有給は最高ですね。

休日という概念がない

正直、休みはないです。

しかし、「やらされている仕事ではない」という点がかなり大きいです。

自分の未来につながると考えると時間がいくらあっても足りないです。

気持ちとしては「休めない」ではなく、「休みたくない」です。

 

サラリーマンをしていると仕事が早く終わって時計が早く定時になるのを待つか、仕事が終わらなくて残業するかのどちらかです。

また成果を上げても評価されにくいというのはつらかったです。

 

僕の場合は評価された結果、給料は上がらないけど任される仕事が増えて自分の首を締めるという悪循環だったので結構悩みました。
仕事の対象は患者さんなので仕事の手を抜くわけにもいかず、心身ともに疲れが溜まっていました。

必要な時には休める

その点、フリーランスだと自分の体調に合わせて休むことができます。

休むといっても1日もいりません。

通常であれば適宜5分休めばOKですし、たまに半日くらい休んで出かけるだけでもリフレッシュできます。

 

友達にも「休みないよ」というと「えー、そんなの無理!!」と返ってきますが、自分次第なので快適です。

逆に「絶対、サボって休んじゃうw」とも言われますが、たしかに自己管理能力はかなり必要だと思います。

 

旅行などもしたいですが、僕の場合は外出で疲れが溜まりやすいので、もっと余裕ができてからにしようと思います。

休日も現時点では失っていますが、仕事が落ち着いてくれば自分の望むタイミングで取り戻していけると思います。

恋愛

両立もできると思いますが、僕は恋愛苦手なので難しいなと感じています。

結婚している方は支えてもらえるのでメリットになると思います。

恋愛もサラリーマンであれば週休2日くらいで休みがあるので、デートする時間を作れると思います。

フリーランスでは上記の通り、仕事に費やす時間が多いです。
お金もないですしねw

そのため両立するのは結構難しいと思います。

 

ただしこれも後々に収入が安定してきて時間とお金に余裕のある状態なら、デートの時間も確保できると思います。

一時的に手放すという感覚だと思います。

 

もちろん人によって価値観は違うので必要な方は恋愛と両立するのも一つだと思います。

こういった選択の自由度がフリーランスの一番の特権だと僕は思っています。

まとめ

僕がフリーランスになって手放したものは4つ。

・お金
・社会的信用
・休日
・恋愛

とはいえ、あくまで一時的だと考えています。

すべて自分の努力次第で取り戻していけるものです。

 

正直、僕の中でこの4つは優先度があまり高くありません。

だから一度、手放すことができました。

このへんは人それぞれなので、大切なものをあえて手放す必要はありません。

 

予め自分の「大切なもの」と「そうではないもの」を考えておくといいと思います。

いきなりすべてを手に入れることはどう考えても無理です。

まずは必ず欲しいものから手に入れて、少しずつ回収していくほうが合理的です。

 

何か新しいものを手に入れるには、それを入れる空間を作らなければいけません。

すでに水がいっぱいのバケツにさらに水を入れれば溢れてしまいます

人生もそれと同じだと思います。

 

同じことが「夢を叶えるゾウ」に書いてあったと思います。

この本はかなりお気に入りです。
読んだことがなければ、ぜひ読んでみてください。

created by Rinker
¥712(2020/01/28 17:39:32時点 楽天市場調べ-詳細)

ちなみにAmazonプライム会員なら無料で読めるので、そっちのほうがオススメです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました