【体験談】腸閉塞になるとどうなるのか③

はじめまして。
清水唯叶(しみずゆいと)と申します。

私は現在はフリーランスでイラストレーター・漫画家をしています。
そのきっかけとなったのが腸閉塞で入院した体験です。
腸閉塞になったのが2019年1月で、この記事を書いている半年前です。

元々は看護師をしていたので、病気の知識も入れながら踏まえ説明していきますので参考にしていただければと思います。

この記事を書いているのは皆様に病気のことを知っていただければという気持ちがあったからです。
また途中まで描いている漫画のブロットにしようと思っています。
今は時間がなくて漫画にできないので、まずは文章にして少しずつ漫画にしようと思います。
今すぐ詳しい内容を知りたい方は文章で、文章読むの面倒な方は漫画で見ていただければと考えてます

この記事の大体ボリュームとしては漫画にした分の11~17話までです。

看護師だけど腸閉塞になった話【11~15話】
2019年の1月に入院したときの実体験を漫画にしました。 腸閉塞の体験談マンガ11~15話です。
看護師だけど腸閉塞になった話(16~17話)
体験談漫画の16~17話です。
スポンサーリンク

腸閉塞になった経験についてお話します

私の入院中のおおまかな流れは以下です。

①強烈な腹痛、吐き気で受診
②入院
③手術
④水分、食事開始
⑤直後にまた腹痛があり腸捻転
⑥再手術
⑦水分、食事開始
⑧無事退院

前回の記事では③について書きました。
今回は③~④の間について書いていきます。

口がカラカラ問題

HCUから病棟に移動しました。
4人部屋は空いておらず個室だったのでラッキーでした。

傷の痛みがあるので動くこともできず、ただ寝ているだけでした。
そして一番困ったのが口の渇きです。

まだ腸が動いていないので水を飲むことも禁止されており点滴のみでした。
そのため脱水の状態は変わらず、口はカラカラです。

コップに水を汲んでもらい、口をゆすいでガーグルベースンに出すのを繰り返していました。
吸収されるわけではないので、すぐにまた口が乾きます。

口が乾くため痰もたまります。
唾液が固まって喉の奥にずっと残っている感じもあります。
口をゆすいでもなかなか取れません。

口が乾いていると声を出そうとしたときに喉や気道が痛くて、しゃべるのもやっとな感じでした。

冬で暖房もついていたので余計口の中が乾いてしまうというのもありました。

夜間、寝ると口が乾くので1時間に一回は起きてしまうような形でした。
看護師さんを呼びながら水を汲んでもらったり、口をゆすいだ水を捨ててもらったりしました。
自分で自分のことができないというのは本当につらいです。

トイレに行けるようになる

まったく寝れないまま朝が来ました。
水分・食事もとれず、お腹の傷の痛みがあるため点滴で鎮痛薬を流し痛みを抑えている状態です。

鎮痛薬が効いているうちに動こうと思い、トイレまで歩くことを看護師さんに相談しました。
このとき点滴2つと膀胱留置カテーテルが身体につながっているため、手伝ってもらってトイレまで移動しました。
そしてトイレまでは歩くことができました。
個室なのでほんの数メートルですが結構大変です。

トイレまで歩けることが分かったので膀胱留置カテーテルは抜くことに決まりました
膀胱留置カテーテルはトイレに行けない場合や、尿が出ない病気などの時に使います。
私の場合、トイレまで歩けることが証明されたのでいりません。
不要なものはすぐにとるのがQOLにつながります。

膀胱留置カテーテルを抜いた後もすぐには尿は出ません
管が入っていたので、なんとなく出そうな感覚になります。
ずっと出ないと困りますが、数時間後に出れば問題ありません。
私の場合も夕方くらいに出ました。

あとトイレに行くときには看護師さんを呼ぶように言われます。
一番の理由は術後に貧血になりやすいので転倒を予防するためです。
しかし看護師さんがなかなか来れないことも多いので一人でトイレに行ってしまいました。
でも動いていなかったからか足をつったりすることも多かったので、呼んでからのほうが良いと思います。

ガスが出たら腸が動いた合図

トイレに行けるようになり尿が出るようになりました。
次は何が問題かというとガスです。

手術の際の麻酔の影響で腸は眠ったままです。
だいたい3日くらいかけて徐々に動くようになってきます。

腸が動けばガスが出るのでそれが腸が動き出した証拠になります。
そうすれば水分や食事を摂ることができるので重要です。

腸の動きを動かす運動としてやっていたことがあります。
仰向けに寝て片膝ずつ抱えてお腹に近づける運動です。
あとは左右の横向きになって動いていました。

この時点では長時間起きているのはつらかったし、お腹の痛みのない範囲で行っていました。

ガスが出ないとお腹が苦しい

腸がまだ動かないのでガスが溜まってきます
そうするとゲップで出てきます。
食べていないので吐くものはありませんが、吐き気となるので結構つらいです。

そしてやっと3日目にガスがでました
出たといっても僅かなのでお腹はまだ張ったままですが一歩前進です。

普段は当たり前のことに一つ一つ感動する毎日でした。

まとめ

術後1~3日目を書きました。
この辺りはだんだんできることが増えてくる時期です。
それでもまだまだ大変なことが多いので苦労は絶えません。

今回のまとめは以下です。

・術後は水分が飲めないので口の渇きが異常
・トイレまで歩ければ膀胱留置カテーテルが外れる
・トイレに行くときは貧血で転倒しないように注意
・ガスが出れば腸が動いている合図
・ガスが出ないとお腹にたまって苦しい

最後までお読みいただきありがとうございました。
これからも続きを書いていきます。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました