看護師だけど腸閉塞になった話【11~15話】

スポンサーリンク

看護師だけど腸閉塞になった話(11話)

術後は少し動くだけでも怖いです。
かといって動かないといけない。

手術の後は全身麻酔の影響で、いろいろな身体の機能が落ちます

麻酔で身体の動きを手術の間、止めているわけですから。

もちろん今回のメインの腸も止まった状態で手術します。

麻酔が切れて、また動き出すまでに時間がかかります。
ほっとくとなかなか動きだしません。

そのため早期離床が大切と言われ、最近のスタンダードになっています。

ただし、脱水や貧血気味だったりするので必ず看護師やリハビリの先生がいるときに動きましょう。

一番怖いのは転倒してしまって、骨折することです。
高齢者だとこのパターンで寝たきりになる場合も多いです。

次の日くらいには歩けるのがわかるとナースコールするのが面倒くさくて一人で歩いてしまいましたけど。
若い年代の患者さんはだいたい勝手に動いてしまうのは、あるあるです。

看護師だけど腸閉塞になった話(12話)

口が乾くのはつらいです。

点滴で必要な水分は入れていますが、全く口の中は潤わないんですよね。
手術後は脱水気味になるのも原因の一つです。

唾液が固まってて喉にへばりつきます。
唇もガサガサです。
痰もでるのでティッシュに痰を出して、水で口をゆすいで・・・の繰り返しでした。

看護師さんも夜は3人くらいしかいません。
忙しい中でナースコールに対応してくれて助かりました。

なかなか来てくれなくて口の中が乾きすぎて限界の時がありました・・・。
乾きすぎて喋れなくなるくらいでした。

冬で暖房がついてるから余計乾くんですよね。

看護師だけど腸閉塞になった話(13話)

術後の運動の目標はまずトイレに行けることです。

個室なのでトイレまでの距離は10メートルくらいでしょうか。

ここまで歩ければトイレに行けることがわかるので、尿カテーテルは抜くことができます。
いらないものは無くしてもらったほうがいいですよね。

尿の袋は尿が溜まってくると重いし、歩く際にかなり邪魔なので早く抜きたいんです。

抜いた後ですが、管が入っていたので違和感があります。

そのため、トイレに行きたいのかな・・・って感じになります。
でも、すぐには出ないんですよね。

それに点滴しかしてないので、そもそも水分が足りません。
だから尿が膀胱にたまるまで結構かかります。

抜いてから2~3回トイレに行ってみても出ませんでした。

私は一応理論上はわかっていても、やはり心配でした。
もしかしたら尿が出なくて、また尿カテーテルを入れることになるんじゃないか・・・と。

ちなみに普段の生活で尿がでない場合、前立腺肥大や尿路結石などの異常が考えられ尿道カテーテルを使用します。
これは手術後だけではないです。
日常的に使用している方はいらっしゃいますから。

あと術後、尿道カテーテルを抜いた後に出血することがあります。
これはカテーテルを抜くときに尿道に傷がついてしまうことがあるからですね。

尿が出るようになったときに「血尿が出た!」「ヤバいんじゃないか?」と心配になることはありますが大丈夫です。
ずっと続くと心配ですが、たいていすぐ普通の尿になりますので大丈夫です。

看護師だけど腸閉塞になった話(14話)

尿道カテーテルを抜いた後は、看護師側も尿が出たか確認する必要があります。
患者さんがトイレに行くたびに確認します。

毎回、看護師さんを呼ぶのは面倒だし、すぐには来てくれないこともあるので一人で行ってしまおうかなと思ってしまいます。

最初は貧血とか脱水の影響でふらつくことがあるので、付き添ってもらったほうがいいです。

何回か付き添ってもらったら相談してみれば一人でトイレに行っていいよと許可がでることも多いです。
(高齢者などで転倒のリスクが高い場合などは別)

最初の関門を越えたことになるので、看護師さんとの信頼関係も上がります。
信頼が上がれば相談しやすくなるので、お互いにプラスだと思います。

看護師だけど腸閉塞になった話(15話)

手術の中で全身麻酔を使います。

麻酔で筋肉を弛緩させるため、腸は寝た状態になります。
麻酔が切れてだんだんと動き出します。

みなさんも寝起きはボーっとしたり、布団から出にくいですよね。
それと同じ状態です。
そういった状態から、しっかりと目が覚めたか確認する指標がガス(おなら)が出るかどうかです。

私の場合は腸の病気だったため、腸の動きが回復するかは重要な問題です。
他の病気の方は呼吸だったり、心臓だったり注目する点は変わってきます。

基本的に麻酔の影響ですべての機能を止めるので、術後にそれが正常に戻ってくるのかはとても重要なのです。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました