看護師だけど腸閉塞になった話【1~5話】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

看護師だけど腸閉塞になった話(1話)

先月、腸閉塞で入院した時の話です。

一ヶ月の間でしたが、入院中はいろいろなことがありました。

描きたいことがたくさんあるので最後まで描いていきたいと思います。

看護師だけど腸閉塞になった話(2話)

腸閉塞のことをイレウスといいます。

主な症状は腹痛吐き気です。

あとは痛みとかないけど、便秘やガスが全くでなくなると病気を疑ったほうがいいです。

看護師だけど腸閉塞になった話(3話)

今回は腸のイラストばかりw

毎日更新してます。

看護師だけど腸閉塞になった話(4話)

注射の針がこの時に入りにくかったのは、苦しくて動いちゃうことが理由の一つ。

もう一つは吐いたことと夕方から食事も水分も取れていなかったので、脱水状態だったこともあると思います。

脱水だと血管が出にくくて見つけにくいし、弾力もなくなるので針が入りにくいです。

ちなみに注射はベテランの人が上手いのはあります。
でもそれ以上に基本は数をたくさんやっている人が上手くなります

なので経験年数少ない人のほうがたくさんルート(点滴)とる機会があるので上手い場合もあります。

私も1年目の時はその日にある注射全部やらせてもらいました。

それで上手く入らない人は先輩にお願いしてやってもらうって感じでした。

結局なんでも数をこなさなきゃ上手くならないんですよね。

看護師だけど腸閉塞になった話(5話)

とにかくイレウス管は辛いのです。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました