【イラストで月5万】ランサーズ初心者の仕事獲得方法

こんにちは。
清水唯叶です。

・イラストを仕事にしたい

・自分の好きなことでお小遣いになれば嬉しい

といった方は多いと思います。

 

初心者にオススメなのはクラウドソーシングです。

クラウドソーシングは初心者でも仕事がもらいやすいです。

有名なところだとランサーズクラウドワークスがあります。

でも正直、始めは使い方がわからないのではないでしょうか?

僕自身、ランサーズには何年か前に登録だけして完全に放置でした。
なんかよくわからなかったからですw

 

2019年の3月から本格的に使い始め、今では案件に応募しなくても依頼のメッセージが届くようになりました。

僕はランサーズからだけで仕事しているわけではないので一概には言えませんが、平均すると月5万くらいはランサーズからの収入があります。

 

簡単な使い方と、仕事をもらいやすくなるポイントを書いていきます。

登録方法

まずはランサーズに登録します。

右上の会員登録をクリック。

メールアドレスを入力します。

グーグルのアカウントやFacebookアカウントなどでも登録できます。

僕はメールアドレスで登録しています。

メールアドレスに認証用のメールが届きますので確認します。

メールに添付されているリンクから下記の画面が開かれます。

順番に情報を入力していきます。

この記事は仕事を受けたい人が見ていると思うので、ここでは右側の「フリーランス・副業・在宅で働きたい」を選択します。

引き続き②→③と情報を入力していけば登録完了になります。

 

ちなみにクラウドワークスも登録方法は同じです。

右上や真ん中下の会員登録をクリック。

 

メールアドレスを入力。

届いたメールを開き、本登録のリンクをクリック。

詳細な情報を入力すれば登録完了です。   

登録後の使い方

登録したらランサーズの自分の画面で以下の項目は最低限、登録します。

・プロフィール

・ポートフォリオ

・スキル

・本人確認

プロフィール設定

プロフィール設定はきちんと書いておいたほうが良いと思います。

僕の場合は以下のような内容を書いています。

・挨拶、名前

・イラストレーター、漫画家であること

・どういう分野の仕事をしているか
(まだ実績がなければ得意な絵のジャンルなど)

・それ以外は自己紹介のテンプレートがあるので必要そうなところだけコピペ

ポートフォリオ

僕は現在、ポートフォリオのURLを載せています。

今はポートフォリオに実績をまとめているので、そっちで見てもらったほうが自分もクライアント側も楽だなと思ったからです。

最初は自主制作で描いた作品の画像を数点、ランサーズのポートフォリオの項目に載せていました。

スキル

ココナラSKIMAのように自分の好きな商品自由な価格設定で売ることができる機能です。

最近、気づいたので「マンガ制作」を追加しました。

クライアント様に、だいたいの値段設定の目安がわかってもらえるかなと思います。

最低限、このくらいの情報を登録したら大丈夫です。

他の部分はヒマな時に必要なところを埋めていきましょう。

本人確認

自分のプロフィールの右横のほうにこういった項目があると思います。

身分証明書を提出したり、機密保持を守れるか確認したりします。

 

このあたりは依頼する人からすれば不安な部分なのですべてクリアしておくほうが良いです。

簡単なので最初のうちにやっておきましょう!

 

案件への提案

 

僕は最初、登録しておけば向こうから依頼がくるものだと思って情報だけ入力して放置していましたw

でもいっこうに依頼は来ませんでした(^^;)

 

 

情報を入力したら、案件に応募しましょう!

ランサーズの案件には大きく分けて

・コンペ

・プロジェクト

の2種類があります。

コンペ

参加方法

まずはコンペに参加するのが一つの方法です。

コンペはクライアント様の依頼に応じた作品を期間内に作り提案します。

そして提案された中からクライアント側が報酬を支払う作品を決めるといった形です。

コンペのメリット

・報酬は高め

報酬は高い傾向にあります。

ランサーズは価格設定に審査が付きます。

適正な価格設定のものには「適正価格」、基準より報酬が高いものは「優良価格」と表示されます。

コンペでは適正価格や優良価格のものが多いです。

 

・別の用途に使える

選ばれないと落ち込みますが、次に繋げることができます

選ばれなかった場合は自分に著作権がありますのでポートフォリオに追加したり、ストックイラストサイトに登録したりと2次的に活用できます。

これが初心者向けにコンペがオススメされる理由です。

もしかしたら、そのイラストを見て他のクライアント様からの依頼につながるかもしれません

コンペのデメリット

ちなみに僕はコンペはほとんど使ってません

理由は3つあります。

 

・イラストの分野が限られる

一つは僕のイラストの分野に合ったものは少ないからです。

アニメ系やゲーム系の案件は少ないといった特徴があります。

イラストで多いのはマスコットキャラクターのデザインやロゴなどです。

 

・ヒアリングしにくい

あともう一つの理由としてクライアント様にヒアリングしにくいという点があります。

案件についてのだいたいの情報は提示されています。

しかし、どうしても不足していることが多いです。

後から追加質問はできますが、頻繁にやり取りできるわけではないので求めているものを掴むのが難しいです。

 

・ライバルが多い

誰でも参加できるのでライバルが多いです。

提案数が多いので、採用されればラッキーくらいの感じがオススメです。

 

プロジェクト

参加方法

プロジェクトとは固定報酬制の案件のものです。

応募してお互いにマッチングすればお仕事が始まります。

納品すれば報酬がもらえます。

プロジェクトのデメリット

・実績のある人が強い

当たり前なんですが実績の多い人、クオリティの高い商品を作れる人が有利になります。

そのため初心者では採用されにくいです。

 

・地雷案件もあり

やってみたら予想以上にきつかったという案件もあります。

記載されていた内容より仕事量が多かったり、修正が多かったり。

こればかりはです。

 

・割の良い案件はない

そもそも割の良い案件はほぼないです。

なぜならランサーズのようなクラウドソーシング自体が単価が低いことが前提だからです。

クライアント側も少し質が低くても、安く頼みたいという場合が多いです。

そのため金額交渉をしても上がりにくい場合が多いです。

逆に少し予算は多くあるけど良いものが欲しい場合はコンペにすると思います。

プロジェクトのメリット

・報酬が確実に受け取れる

プロジェクトには報酬が明記されており、仕事が受けられればその金額を受け取れることが確定します。

ランサーズには「仮払い」のシステムがあるので仕事を受ける契約が決まった時点でクライアント側はランサーズにお金を預けます。

仕事が終わり納品できたら、そのお金をランサーズから僕らの方に振り込んでくれます。
(一部、手数料としてランサーズに支払います)

そのため未払いという危険を回避することができます。

 

・継続依頼のチャンスがある

気に入ってもらえれば継続で仕事をもらうこともあります。

こうなれば、比較的、安定した収入につながります。

月5万円稼ぐ具体的方法

ポイントはこんな感じ

・プロジェクト優先に応募しまくる

・プロジェクトで採用されなければコンペに応募

・自分の得意ジャンルを攻める

・受けた仕事でさらに新しく仕事を増やす(または単価を上げていく)

 

プロジェクト優先に応募

プロジェクトの方が早く収入に繋がりますし、実績もできます。

おそらく最初はほとんど採用されないので、たくさん応募して1、2件で採用されればOKです。

 

プロジェクトで採用されなければコンペを作り応募

残念ながらプロジェクトで採用されなかったら、時間があまりますのでコンペに参加します。

自分の作品も増えるので、それを利用してさらに応募します。

 

自分の得意ジャンルを攻める

僕もそうでしたが、最初は自分がどういった仕事をもらえるのかがよくわかりません

しかし、クライアント側からしてみれば、なんでも平均的に描ける人より一つのジャンルでめっちゃ上手い人に頼みたいものです。

 

イラストレーターといってもジャンルは様々です。

その中で自分が描きたいジャンル、楽しいと思えるジャンルを見つけることが継続できるコツだと思います。

 

受けた仕事でさらに新しく仕事を増やす

コンペやプロジェクトで受けた仕事の実績を元に、こんなのを描いたことがあります!と提示して仕事をもらいやすいくしましょう。

本格的にやりたいならポートフォリオを作って企業に営業するのも良いです。

ランサーズでも実績が増えてくるにしたがって、仕事はもらいやすくなります

仕事がもらいやすくなれば、より報酬の高い案件を選ぶことができます

コンペの当選した商品や、プロジェクトの納品した商品を実績としてポートフォリオに載せられるかは交渉次第です。
まずクライアント側に聞いてみましょう。ランサーズなどの案件は著作権譲渡が基本なので、勝手に載せたりするとトラブルになりやすいので注意しましょう!

ランサーズの小技

提案文をテンプレート化しておく

プロジェクトに応募する際にメッセージを送ります。

それをテンプレートととして保存する機能があります。

テンプレート化しておけば毎回、自己アピールや実績のURLなど長文を入力しなくて済みます

 

実績は一つにまとめる

実績は自分のホームページなどがあれば、そこにまとめておきましょう。

ポートフォリオでもいいです。(ただしPDFなどで作っておく)

結局、ランサーズでもポートフォリオを作って、ホームページでも作って、クラウドワークスでも作ってと別々の場所でそれぞれ作ると大変です。

クライアント側にはURLだけ送ればそれで済むようにしておきます。

 

振り込みは楽天銀行にする

以下の画像を見てみてください。

・楽天銀行は振り込み手数料100円

・それ以外は振り込み手数料500円

と書かれています。

 

振り込み手数料だけで400円の差ができてしまいます。

毎月振り込まれるとして月400円多く支払うのはもったいないので楽天銀行の口座解説をおすすめします。

まとめ

まとめると以下のような流れで報酬を上げていきます。

・プロジェクトを中心に受ける

・暇なときはコンペをする

・実績を増やす

・単価の高い案件を受ける

王道なやり方ですが、確実で効果が高い方法です。

どのくらいで結果が出るかは人それぞれですが、半年くらいは頑張ってみるのをオススメします。

チャレンジしてみようと思った方はランサーズに登録してみてください。
イラストを仕事や副業にしてみたいという人の参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました