絵描きの価値について【考えてみた】

こんにちは。
清水唯叶(しみずゆいと)と申します。

私は現在はフリーランスでイラストレーター・漫画家をしています。

以前、こんなツイートをしました。

反応が多かったので、今回は絵描きの価値について考えてみようと思います。

そもそも絵というのは価値の判断が難しいものです。

僕なりの結論は「絵描きの価値は様々で一つの基準ではない」ということです。

少し自己啓発っぽい内容ですし個人の考えなので、共感できるところだけ参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

価値の基準とは

絵描きの価値を判断するときに何を基準にするかについて考えていきます。
個人的に思いついたものなので他にもたくさんあると思います。

画力

わかりやすいのが「画力」です。

一般的に見て一番判断しやすいため、絵がうまい=画力が高いとなりがちです。

人間は整っているかに敏感です。
基本的にみんなイケメン、美女は好きなものです。(ストライクゾーンの差は人それぞれですが)
これが絵の場合でも崩れている絵をみれば違和感を感じます。
そのため多くの人が判断しやすい点として画力があげられます。

あとは再現性が低い点です。
うまい絵はそれだけ練習が必要であり描ける人は限られてきます。
そこに価値が生まれます。

しかし、現在はデジタルツールの普及により、ある程度の画力は当たり前になっています。
いわゆる「神絵師」と呼ばれるレベルに到達してようやく画力だけで自分の価値を示せるでしょう。
それ以下には大きな差が生まれないため、別の要素での価値を作る必要があります。

信念・思想

絵には表現したい想いが含まれています。

これは様々です。
・問題提起をしたい
・コンテンツのPRがしたい
・人に喜んでもらいたい

その想いが伝わってこそ評価されると思います。

表現力・発想力

上記の想いをどのように表現するか。

想いはあっても、それを伝えられなければ受け取ってもらえません。

イラスト、漫画、絵画、文章、音楽などなど表現方法は様々です。

イラスト一つとっても、その中で様々な表現があります。

相手に届く表現を見つけなければいけません。

発信力

今の世の中で重要視されているものです。
絵描きに限らず求められています。

自分の絵や想いは見てもらえなければ価値も生まれません

完成し自分で満足できれば、それはそれでベストなのかもしれませんが。
おそらく多くの人はせっかく描いたのだからたくさんの人に見てもらいたいと思います。

それには自ら発信する必要があります。

価値を高めるには

画力を上げる

まずは画力を高めましょう。
自分の可能な範囲で続けるのが一番です。
なんでもそうですがある程度は時間をかけないと上達できません。

思想や発想は好きなものを

思想や発想力はある程度、自分に元からあるものでいいと思います。
自分の好きなものを優先しましょう。
そうでなければ楽しくありません。

もちろん仕事にする場合は好きなものだけ描いているわけにはいきません。
好きな絵だけで仕事をもらうにはそれなりの努力がさらに必要になります。

発信力は見せる習慣を作る

発信力は自分の絵がかけたら人に見せることから始めましょう。
友達でもいいし、SNSでもいいです。
ここでは評価は気にせず、どこを次に改善すべきか考えることが大事です。

まとめ

①画力
・ある程度のレベルは到達できる。
・神絵師レベルまでにならないと画力だけで評価はされない。
・描き続けることが必要。

②信念、思想
・絵で何を伝えたいか
・自分の好きなものでよい

③表現力、発想力
・見ている人にどうすれば届くか

④発信力
・まずは人に見せてみる
・そこから改善点を探していく

いかがだったでしょうか?

正直、イラストを仕事にするのはかなり大変だなと感じています。
それでも自分のやりたいことなので、どうにかこの道を少しずつ進んでいきたいです。

少しでも参考になれば嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました