看護師だけど腸閉塞になった話【26~30話】

こんにちは。
清水唯叶(しみずゆいと)と申します。

私は現在フリーランスでイラストレーター・漫画家をしています。

そのきっかけとなったのが腸閉塞で入院した体験です。
腸閉塞になったのが2019年1月で、この記事を書いている半年前です。

その体験を漫画にしたので読んでいただければ嬉しいです!

看護師だけど腸閉塞になった話【26話】

寝ようとしていたら突然の腹痛がきました。
自分の中では全く心当たりがなかったので不安で仕方なかった。

看護師だけど腸閉塞になった話【27話】

痛みは続き、痛み止めを使っても収まりませんでした。

結局、朝までほとんど眠れずにベッドでうずくまっていました。

看護師だけど腸閉塞になった話【28話】

痛みで起きるのもツライ状態。

食事も喉を通りません。
結局、食事は完全に中止になりました。

頭の中は完全に「再発」の2文字が浮かんでいました。

看護師だけど腸閉塞になった話【29話】

やはり再発していそうとのこと。

また治療しないといけません。
そして治療というとイレウス管です。

再発自体もショックでしたが、イレウス管をまたやるということがさらにショックでした。

看護師だけど腸閉塞になった話【30話】

相変わらずイレウス管の処置は過酷でした。
まさか、2回もやることになるとは思ってもいなかったので。

しかも、また入らない。

ただ苦しんだだけで終わったらどうしよう・・・と思いつつ、処置に耐えていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました