【意識高めの人向け】看護師の王道ステップアップ【5選】

こんにちは!
ゆいとです。

2021年から看護師として復帰しました。

入職して上司の方から3年後、5年後とかのキャリアを聞かれました。

 

「・・・」

「わからんよ!!」

「こっちは数年続けられるかも不安だよ!」って思いましたw

 

とはいえ早い段階で考え始めておくことは大切だなと思いました。

 

看護師には様々なキャリアがあります。

幅広すぎて1つの記事では紹介できないくらいなので今回は王道のキャリアについて調べてまとめてみました。

この記事はこんな人におすすめ
・看護師として働きはじめたけど将来は不透明な人
・看護師を数年経験したから次のキャリアを考えたい人

キャリアアップにつながる資格5選

認定看護師

看護協会のHPには以下のように書かれています。

特定の看護分野において、熟練した看護技術及び知識を用いて、水準の高い看護実践のできる認定看護師を社会に送りだすことにより、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的としています。

資格認定制度 | 日本看護協会» 認定看護師
取得すると以下のようなことができるようになります。
①高い水準の看護
②看護実践の指導
③看護職への相談

個人的には②のイメージが大きいです。

病棟で指導したり、学校や講演で指導しているのを見たことがあるからです。

 

認定の分野(褥瘡、感染、認知症など)はとてもたくさんの種類があります。

詳しくは看護協会のページにあります。

 

取得するには
①5年以上の看護経験が必要。
(そのうち3年以上は取得したい分野の経験)
②認定看護師の教育機関に行く必要。

専門看護師

看護師協会のHPには以下のように書かれています。

専門看護師制度は、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた専門看護師を社会に送り出すことにより、保健医療福祉の発展に貢献し併せて看護学の向上をはかることを目的としています。

資格認定制度 | 日本看護協会» 専門看護師
以下のことができるようになります。
①卓越した看護を実践する(実践)
②コンサルテーションを行う。(相談)
③保健医療福祉に携わる人々のコーディネーションを行う。(調整)
④倫理的な問題や葛藤の解決を図る。(倫理調整)
⑤教育的役割を果たす。(教育)
⑥実践の場における研究活動を行う。(研究)

 

専門看護師の分野も多くあります。

認定看護師よりは少ないです。

詳しくは看護協会のページにあります。

 

取得するには以下が必要です。
①専門看護師過程の単位をとっていること
②5年以上(取得分野の経験は3年以上)あること
③認定審査(書類と筆記試験)に合格すること

認定と専門の違いって何?

簡単にいうと言うと
①認定看護師は現場のスペシャリスト
→水準の高い看護ができる人
②専門看護師は看護全体のスペシャリスト
→専門知識、技術+各機関との調整役、研究

だから病棟でみるのは認定看護師が多いですよね。

現場でのステップアップを考える人が多いので認定看護師を取る人のほうが多いイメージです。

助産師

助産師は産婦人科で働くことになります。

看護学校の実習では母性実習があるのでイメージはわかると思います。

 

また少し前にコウノドリなどのドラマもやっていたので、志す人も増えたのではないでしょうか?

大変ではありますが、やりがいのある職業だと思います。

 

ちなみに今の所、日本では男性は助産師にはなれません

海外では男性助産師もいるようです。

 

助産師になるには主に2パターンです。
①看護過程と助産師過程のある大学で4年間学ぶ
 →看護師、助産師の国家試験にダブルで合格する
②看護師の専門学校を卒業し国家試験に合格
→1年間の養成校に通い、助産師の国家試験に合格する

どちらのルートでも最短4年はかかるということになります。

あとは学校の特色や授業料などで比べてみてください。

保健師

保健師は心と身体の健康を支える仕事です。

病気になった人の看護をする看護師とは違い、主に予防の分野になります。

 

働く場所は保健所や行政などが多いです。

 

保健師になるのも助産師と同じで主に2パターンです。
①看護過程と助産師過程のある大学で4年間学ぶ
→看護師、助産師の国家試験に合格する

②看護師の専門学校を卒業し国家試験に合格
→1年間の養成校に通い、助産師の国家試験に合格する

保健師も助産師と同じように4年間は必要になります。

 

公務員になることが多いので定時まで働いて安定収入が欲しい人に向いています。

保健師を一度考えたこともありますが、私は副業もやりたいということもあり選択肢から除外しましたw

ケアマネジャー

ケアマネジャーは主にケアプランの作成やサービスの調整業務を行います。

医療、福祉の各職種を繋ぐお仕事です。

 

ケアマネジャーになるには5年以上の実務経験が必要です。

実務経験の部分は医療・福祉系の職種で、どれか5年経験していれば該当します。

 

そして試験に合格しなければいけません。

ちなみに試験の合格率は20~30%くらいです。

看護師の試験は基本は90%以上は合格するものですが、ケアマネジャーの試験は合格率が低いのが特徴です。

 

合格率が低いのは
①働きながら受験する人がほとんど
②法律や制度などの内容が多いので頭に入りにくい
③そんなに人材が不足しているわけではない

この3つが原因なんじゃないかと思っています。

まとめ

今回はメジャーな資格を中心に紹介しました。

 

自分のやりたいことなんてすぐに見つかるものではないと思います。

また看護師が自分にとって天職だわー!って思えるのは何年もやってみてわかるものです。

 

まずは続けてみるのが大切かと思います。

”石の上にも三年”は今の時代では古い考えですが、看護師の場合はやっぱり3年くらい経たないとキャリアなどは見えてこないかなと思っています。

 

私にとって3年だと長いので3の倍数で考えています。

まずは3日、3週間、3ヶ月、3年・・・と少しずつ継続期間を伸ばしていく考え方です。

 

必要に応じてキャリアアップを目指しつつ、自分のペースでお互いに働いていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました