倍速で上達する髪の描き方

こんにちは。
清水唯叶(しみずゆいと)と申します。

私は現在フリーランスでイラストレーター・漫画家をしています。

絵を描いていて「なんで神絵師と自分の絵は違うんだろう」と思うことありますよね?

一番のポイントは「髪のツヤ感」です。
簡単にうまく見せたいという方のために、個人的に人気イラストの特徴をピックアップしました。

これにプラスして描き続けることたくさんの人の絵を見ることを続ければ、一気に上達すると思います。

線画のポイント

・球体を意識
・束を意識
・てっぺん(つむじ)からの流れを意識
・太い束と細い束を作る

頭は球体です。頭の形に沿って髪が垂れていることをイメージしましょう。

髪を一本一本描けばリアルになりますが、イラストではある程度の太さの束で描き、表現しましょう。

束の太い部分と細い部分を作り髪の量に差を作りましょう。

着色のポイント

・光源を意識
・ハイライトは頭頂、額上部にいれる
・光の当たる量を考える
・毛先はうっすら透けさせる
・ハイライトや影に色をプラス
・最後に細い毛を足す

髪は情報量の多いパーツです。

ツヤと影を描くことで球体であることを表現します。

ツヤを描くにあたって光の方向を考えることが大事です。
光が当たっている方向は光の当たる量が多く、離れるにしたがって光が減ります。

毛先はうっすら透けさせるのは毛先に肌色と同じ色をエアブラシなどで描きます。

好みとしてハイライトに色を入れたり、虹色にグラデーションをいれたりするイラストが多いです。

影にも反射光のような色を入れると情報量が上がります。

最後に細い毛を足すことで髪の情報量が上がります。

ソフトにもこだわってみる

イラストソフトは低価格で高機能なものが良いです。
僕が使っているCLIP STUDIO PAINT PRO がオススメ!

まとめ

線画
・球体を意識

・束を意識
・てっぺん(つむじ)からの流れを意識
・太い束と細い束を作る

着色
・光源を意識

・ハイライトは頭頂、額上部にいれる
・光の当たる量を考える
・毛先はうっすら透けさせる
・ハイライトや影に色をプラス
・最後に細い毛を足す

上記のポイントを足すことで情報量を上げることができます。
逆にこのポイントを引くことで情報量の調節をすることもできます。

イラストを描くうえで髪は重要なポイントです。
髪を描くのが上手くなれば、イラストが上手に見えやすいです

自分の好みのイラストに近づけるために活用していただければ嬉しいです。

倍速で上達する『顔』の描き方
なかなか上手いイラストが描けないという悩みは多いと思います。 特に顔に関しては情報量のバランスが大事です。 イラストを描く際の目、鼻、口、耳のポイントをまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました