【初心者向け】イラストを描き続ける秘訣10選

スポンサーリンク

イラストを描き続ける秘訣

イラストをこれから始めようと思っている方、イラストを始めたけど飽きて辞めてしまった方。
今はアナログで描いているけど、デジタルに移行しようかな・・・という方もいらっしゃると思います。

かく言う私も始めた当初はすぐ挫折し、1年くらい手を付けなかった期間があります。
そして描かない時期と描くのに夢中になる時期を繰り返し、今はイラストを毎日描いています!

では、どうすればイラストを描き続けることができるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、イラストを描き続けるためには「楽しむこと」が大切です。

始めたばかりの頃はソフトやペンタブの使い方がわからないため、絵を描く以前に使い方の面で挫折してしまいます。
またソフトに慣れてきた後もなかなか画力が上達しなかったり、学校や仕事で描く時間が取れなかったりして続けるのが嫌になってしまうこともあるかと思います。

そこでイラストソフトに慣れるまでと、その後もイラストを「楽しむ秘訣」をご紹介します。

楽しむ秘訣10選

友達を誘う

イラストを始めたころは、一人でソフトの使い方を勉強していても、わからない部分にぶつかったときに解決できずに挫折してしまうことが多いです。
(私は何度か挫折し、離れては、また描き始めてを繰り返しました)

そんな中で私が一番、続けられるきっかけとなったのは友達と一緒に勉強し始めたことです。
特に同じ知識量や画力の友達がベターです。
一緒にわからないことを調べたり、お互いの絵を見せ合うとモチベーションアップにつながります!

自分の知識が増えてくれば、中級者や上級者のアドバイスは参考になりますが、初心者のうちは基礎知識がないため説明を理解するのが難しく、かえって挫折の要因になりやすいです。

好きなものを描く

まずは好きなものを描いてみましょう。
美少女でもイケメンでも、描いていて自分が楽しいと思えるものを描きましょう。

なんでもそうですが、「好き」という気持ちがあるほど上達は早いです。
最初は好きな絵柄のイラストレーターさんを真似てみるのもいいかもしれません。

好きなものの例を出すと、まず「美少女」を描いてみます。
そこから「黒髪ロングの美少女」や「制服の美少女」など要素を追加していけば描けるものが増えてきて楽しくなってくると思います。

最後まで描く

イラストを始めたばかりのころはわからないことを調べながらのため完成までかなりの時間がかかってしまうでしょう。
しかし、最後まで描くことが重要です

線画まで描いて、いまいちだなーと思い辞めてしまったとします。
得られるのは線画までの経験値だけです。
それではいつまでたっても着彩の経験は得られません。

ある意味、イラストは完成までたどり着く途中の経過は人それぞれです。
自分に合った方法を見つけるためにも最後まで進めましょう。

練習方法として線画の練習、着彩の練習と分けて行うのもいいかもしれませんが、個人的にはすべて通して実施していったほうが上達すると思います
そして、上達することが「楽しさ」に繋がります

フィードバックする

完成したらフィードバックしましょう。

良かったところや、改善点など自己分析してみるのが大事です。

少し描き始めて期間が経ったら以前に描いたイラストと見比べてみるのもいいです。自分の上達が目に見えるのでモチベーションアップに繋がります。

目標をもって取り組む

上記のフィードバックで得られたことから次の目標が生まれると思います。
これは小さい目標でいいです。

例えば「顔」がイマイチだなーと感じたら、次は顔のパーツの中で「目」に力を入れて描こう!とか。

一度に全部を改善しようとしても難しいです。
まずは自分の絵の違和感を感じることが大切です。
それを一つずつ改善していくことで上達していきます。

自分の絵を公開する

人に見てもらったほうが褒めてもらえたり、意見がもらえたりして、モチベーションアップにつながります。

またSNSなどにアップすれば同じ趣味をもった友達もできるかもしれません。
なかなかリアルの周りの友達に絵を見せるのは恥ずかしいといった方も多いかと思いますので、そういった方はネット上で公開するのが良いと思います。

最初は期待しないほうがいいですが、お仕事に繋がる場合もあります
私もイラストを描き始めて1年たったくらいに突然、仕事の依頼のメッセージがきて驚いたことがありました。(結局、ボツになりましたがw)

評価は気にしない

SNSなどに載せると多くの人に反応していただけます。
反応が返ってくると、とても嬉しいです。
しかし、その中には良いものも悪いものもあります。

結局、イラストなど芸術分野は人によって好みもあるし感じ方も違うので、すべて鵜呑みにしても仕方がないです。
むしろ一人でも良いと言ってくれたことをモチベーションにしましょう。

資料を参考にする

やはりイラストを描いていて上達しないとモチベーションが下がりますよね。

初心者のうちは絵が上手い人は何も資料を見ずに下書きも描かずにスラスラ描いていると勘違いしている場合があります。
(それは一部の神々だけですw)

公式を学んでない状態でいきなり数学のテストをやれと言われても困りますよね。
それと同じです。

顔を描くときは顔の資料を見ましょう。
「普段から人の顔は見てるよ」と思うかもしれませんが、何となく見ているのと、構造を理解しているのとは違うのです。
普段から意識して人や物を観察すると、より上達が早くなります

描きたくないときは描かない

どうしても描きたくないときはあります。
そんなときには無理に描かなくていいです。
プロで仕事としてやっているなら別ですが、趣味でやっているのなら「楽しさ」を重視すべきです。

時間をおけば描きたいと思う時が来ます。
来なければそのまま辞めてしまうかもしれませんが、数年後に突然描きたいと思うかもしれません。

絵を描くのがストレスになる場合は離れてみるのも選択肢の一つです。

教える側になってみる

実際に新しくイラストを始めようとする友達でもいいですし、ブログやSNSで発信するのも良いと思います。

学習というのは人に教えることで自分の理解も一層深まります
なぜなら人に理解してもらえるように自分はそれ以上に勉強するからです。

スタンスとしては教えるというより誰にでもわかりやすく説明してみるといった意識で行うとベストです。

一人で続けるのが難しいと感じたら・・・

上記を実践してみたけど、あんまり続かなかったという方は実際に学校などで教えてもらう選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

ヒューマンアカデミー

学生だけでなく、社会人からの入学も考えられる学校です。
働きながら週末のみ学校で学ぶこともできるため、学費に不安がある人や仕事も続けて勉強したい人にピッタリだと思います。

また東京だけでなく、各地方にもそれぞれ学校があるので実家から通うことができる点もメリットの一つだと思います。
プロとして働く卒業生も多く実績がある学校です。

ちなみに私も以前、見学に行ってみたことがあるんですがイラストを添削してくれてアドバイスをいただけたり、イラストレーターの仕事の話などしていただけました。(今は添削してくれるのかは不明)
その時の講師の方は話しやすく良い印象でしたのでオススメです。

ヒューマンアカデミー

 

アミューズメントメディア総合学院

クリエイター系の学科が8つあるため「産学共同・現場実践教育」に力を入れ、様々な職種の方と切磋琢磨しながら学ぶことができるようです。

イラスト学科も卒業生の担当したカバーイラスト実績300冊以上など活躍している卒業生を送り出しているようです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

上記の内容以外にも自分で楽しめる方法を考えながら続けてみてください。
自分に合った楽しむ方法が見つかればイラストを描くことを嫌にならずに続けられると思います。

私は1年くらい経ったころからソフトやイラストを描くことに慣れてきました。
一度慣れてしまえば少し離れてしまっても、また描きたいと思ったときに描き始められます。

ちなみにイラスト以外の勉強にも活かせる内容だと思いますので、学校の勉強や社会人になって新しいことを勉強しようと思ったときに活用してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました