【近況報告】フリーランスと会社員どっちがいい?【自分に合った働き方を選ぼう】

こんにちはー。

ゆいとです!

 

私は

①会社員で看護師

②趣味だったイラスト・漫画でフリーランス

③看護師+イラスト・漫画の複業

というルートを進んでいます。

 

この記事では私の近況報告を含め、ここ2年間で試した働き方についてまとめていこうと思います。

今は本当にいろいろな働き方があるので、選択肢を広げる意味でも参考になればと思い記事を書きます。

 

この記事はこんな人におすすめ

・会社がつらい
・会社以外で他にどうやって稼ぐ方法があるかわからない
・副業や独立が怖い
・自分の選択肢を広げたい

会社員の特徴

時間が拘束される

会社員はどうしても朝から晩まで会社に拘束されますよね。

最近はテレワークの仕事も増えて来ていますが、それが難しい仕事も多いのが現状です。

 

仕事によっては残業が発生してしまうこともあるでしょう。

仕事で疲れてしまって帰って寝るだけという状態だと人生つらいと感じてしまいます。

昇給しにくい

日本の年功序列は崩壊してきています。

とはいえ勤務年数または役職につかないと昇給しないといった会社は多いです。

爆発的に収入が伸びることはないでしょう。

 

ちなみに会社員で年収を伸ばすにはより高給な会社へ転職していくのが最も有効です。

こちらの本は私も読みましたがとても参考になりました。

会社員で給料を伸ばしつつ、ブログやYouTubeで副業収入を作りたい人におすすめです!


税金が高い

「会社員は税金が高いよな・・・」とよく言いますが、実際には社会保険料が高いんですよね。

たくさん稼いでいる人ほど所得税、社会保険料ともに払う税金は上がります。

そしてフリーランスと違って使える経費や控除も少ないので節税しにくいというのが実際です。

社会的信用がある

上の3つを見ると会社員辛すぎ・・・って思います。

でも圧倒的に社会的信用があります。

 

これは特にローンを組むときなどに大事になってきます。

とはいえフリーランスでも確定申告書などでしっかり稼いでいることが証明できれば大丈夫だと思いますが、会社員のほうが継続収入が確定しているので審査に通りやすいです。

マイホーム購入、不動産投資などをしたい人は考慮したほうが良いかもしれません。

収入が安定する

一番の魅力は月々の安定した収入です。

これはフリーランスになってみるとわかりますが、とても心が安定します。

 

あと有給とかかなり大きいですね!

働いてないのに給料がもらえる!素晴らしい!

 

ちなみにフリーランスは働かない日はないです。

稼げるときに稼いでおきたいというのがフリーランスの頭にあるからです。

余裕を持つにはある程度突き抜けて稼ぐか、生活費をかなり下げるといった努力が必要になります。

フリーランスの特徴

自由な時間・好きな場所で働ける

すべて自分次第です。

自宅、カフェ、コワーキングスペースなど選べます。

 

また通勤時間もないのでロスがないのも嬉しいです。

無駄な時間が生じにくいです。

 

とはいえ自己管理できない人だと自宅は誘惑が多いので仕事せずに怠けてしまうこともあるかも。

収入が青天井

フリーランスは収入の上限がありません。

稼げる人はたくさん稼げます。稼げない人は稼げません。

楽して稼げる方法はありません。(そういうのは全部詐欺です。)

 

私自身も最初は月5万円→10万→15万→20万と増えてきました。

(右肩上がりではなく、下がる月ももちろんあります)

会社員だと短期間でこういった伸び方はないのでフリーランスの大きな魅力だと思います。

意外と雑務が多い

私は漫画やイラストを描くのがメインですが、他の仕事も並行してやっています。

例えばSNS運用、ブログ、営業、収支の把握、クライアントとのメール・電話、仕様書の読み込み、今後の方針を考える時間など。

 

簡単にいうと絵が描けても宣伝しないと依頼は来ません。

クライアントが求めるものを作らないと継続して仕事はもらえません。

 

絵を描く時間以上に別の時間のほうが大事だったりします。

節税できる

税金の面ではフリーランスであれば青色申告控除65万円が受けられます。

また経費が使えます。

 

会社員では税金が先に給料から引かれます。

フリーランスではあとから税金を納付します。

その違いで節税のしやすさが変わってきます。

 

とはいえ収入が少なければ税金はほとんど払う必要はないので最初は税金のこととか深く考えなくて大丈夫です。

ただ確定申告はしっかりしましょう!

確定申告と聞くと難しそうですが、そんなに難しくないので大丈夫!

 

今年は4月15日までなのでまだ終わっていない人は早めに済ませましょう!

下記の記事も参考にしていただければ幸いです。

【はじめての確定申告】実際にどうやったか紹介【意外と簡単だった!】
こんにちは!ゆいとです。毎年、この時期は確定申告ということで個人事業主の人にとっては面倒な作業ですよね。私は今回が初の確定申告ということで不安でした。実際に悩みながら確定申告をしてみました!感想は「意外と簡単じゃん!」という感じでし...
【最短で確定申告】フリーランスにおすすめなクラウド会計ソフトfreee
こんにちは。 清水唯叶です。 最近は副業ブームですので、フリーランスはもちろん、副業の人も確定申告が必要な人がいると思います。 なので早めに準備しておきましょう! この記事はこんな人におすすめ ・確定申告は始めてで何を準備...

複業(本業×副業)の特徴

心の安定+収入の増加

フリーランスだと

「生活できる収入になかなか届かない」

「この収入が続くんだろうか・・・」

と不安になることがあります。

 

”生活に困るほどお金がない”という状態は著しく思考力や判断力を低下させます。

こういう心の安定しない状態に陥ると判断力が鈍ってしまい、より悪い行動に陥りがちです。

例えばギャンブルで稼ごうとしたり、リスクの大きい投資、詐欺まがいの話に乗ってしまったり。

 

そうならないためにも最初は安定した収入を確保した上で副収入を増やすほうがおすすめです。

時間がない

ここで”時間がない”という問題が生じます。

 

私は独身なので週5日働いて、週2日は副業に使えます。

好きなことを副業にしているので遊ぶ感覚で仕事ができています。

だから休日にわざわざ外出したりして遊ばなくても楽しめています。

 

しかし家族がいる人、子供がいる人はなかなか時間がとれないと思います。

ここは自分でどうにかするしかありません。

自分にとっての優先順位を決めて選択してください。

 

副業をするにはどうしてもある程度の時間の確保が必要になります。

特に始めて1~2年は多めに確保したいところです。

今すぐに始められなくても遅いということはありません。

自分の今の状況に合わせてできることをやっていくのがおすすめです。

私の戦略

今のところ、本業(週5日)+副業(平日の夜+休日2日)で働いています。

ある程度の資産とスキルを蓄積できたら、徐々に本業を減らしていきます。

そして自由な時間を増やしつつ、最低限の生活資金は本業で確保するという形を目指しています。

 

3年後に本業3日+副業4日のイメージを目指しています。

これで自由な時間を確保しつつ、副業で収入を増やすという形を実現できればと考えています。

あとは資産運用してお金に働いてもらう形が理想です。

 

本業を残しているのは社会的な信用がまだ会社員のほうが高いからです。

政府もフリーランスの働きやすい環境づくりに着手しはじめているようなので、今後の様子を見つつ割合を決めていきたいと思います。

まとめ

私の中では「自由」は選択肢が多く取れる状態かなと思っています。

お金がたくさんあっても使う時間がないのもつらい。

時間だけあってもお金がなければ楽しめない。

バランスの良い状態を目指して行動していくので、また進捗をブログで報告できればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました