【不労所得を手に入れる】在宅でできる副業4選【ストック収入編】

こんにちはー。
ゆいとです!

副業って何やればいいんだ?

自分には何が向いているかわからない

という人に向けて今回はストック収入を紹介します。

ストック収入とは自分の作った商品が勝手に働いてお金をもたらしてくれる種類の事業または投資です。

 

簡単にいうと一度作ったビジネスからチャリンチャリンとお金が入ってくる仕組みを作ることです。

みんな勝手にお金が入ってきたら嬉しいですよね。

とはいえ、これを作るには時間がかかります。

中にはお金が必要なものもあります。

なのでどちらかというとフロー型の副業で稼げるようになって貯金が溜まってから行うイメージになります。

 

今回、紹介するのはブログ、You Tube、株式投資、不動産投資です。

 

他にもいろいろありますが、イメージしやすい点と、いろいろな職種で応用できるので4つに絞りました。

この記事はこんな人におすすめ
・何の副業をしたらいいかわからない人
・不労所得に近い仕組みを作りたい人

ちなみにフロー収入についてはこちらの記事にあります。

【迷って始められない人へ】在宅でできる副業6選【フロー収入編】
こんにちは。 清水唯叶です。 こちらの記事で副業のメリット・デメリットについて紹介しました。 いくつかおすすめの副業を挙げましたが決めきれないかと思います。 具体的にそれぞれの副業の特徴につい...

おすすめのストック収入

ブログ

特徴

・初期投資0で始められる

・アクセスが集まれば収益化できる

・すぐに結果が出にくい(半年以上)

・自分の経験や好きなものを活かせる

・ライバルが多い

You Tube

特徴

・初期投資0で始められる

・チャンネル登録数と再生数が増えれば収益化できる

・収益化までは時間がかかる(半年以上)

・競合(ライバル)が多い

・収益化できれば不労所得になる

・自分の経験や好きなものを活かせる

不動産投資

特徴

・元手の資金が必要

・投資する金額が大きいのでリスクも大きい

・参入障壁が高いので競合が比較的少ない

・入居者を確保できれば安定的に収益が入る

・詐欺やぼったくりも多い

株式投資

特徴

・短期投資と長期投資がある

・短期はハイリスクハイリターン、長期はローリスクローリターン

・元手として資金がある程度必要

・投資詐欺やぼったくりも多い

フロー収入をストック収入にするには

フロー収入(プログラミングや動画編集など)の仕事をたくさん受けれるようになったら、ディレクターの位置になるのが良いと思います。

ディレクターはクリエイターの管理者の立ち位置です。

何もしなくて良いわけではないので完全に不労所得ではありませんが、クリエイターに指示をだしてたくさんの案件を管理できれば収入になります。

このあたりはやや上級者向けなので最初は自分で案件を受けれるようになってからがおすすめです。

まとめ

今回はストック収入について紹介しました。

始めやすいのはブログ、You Tubeです。

ローリスク、ハイリターンの副業です。

 

ある程度のお金があれば不動産投資や株式投資もおすすめです。

ハイリスクハイリターンですが、不労所得となります。

 

個人的には①ブログやYou Tubeから始める→②お金を貯める→③不動産投資や株式投資を検討するのが良いと思います。

自分の状況に合わせて選んでみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました