フリーナンスを半年間使ってみた感想

こんにちは。
清水唯叶です。

僕はフリーランスのためのお金の保険フリーナンスを半年くらい使用しています。



使うにあたって気になるのが手数料使い勝手だと思います。

今回はその2つをメインに紹介したいと思います。

 

メリット・デメリットや登録方法はこちらの記事で紹介してますので参考にしてみてください。

【個人事業主の保険】フリーナンスとは
個人事業主にとってお金のトラブルは怖いです。 GMOが運営するフリーナンスは個別口座を作ることができ、賠償保障、即日払いできる嬉しいサービスです。 登録してみた感想やメリット、デメリットを紹介しています。

 

手数料について

まず気になるのはサービスを利用するのにお金はかかるの?ということですよね。

基本は手数料無料

基本的に利用料金、手数料ともに無料です。

無料で以下のサービスを受けられます。

・ペンネームでの口座が作れる

・稼いだお金は一度、開設した口座を経由して、一週間後に自分の口座に振り込まれます。

・あんしん保証が受けられる

・反社会的勢力でないことを証明

即日払いはちょっと手数料がかかる

即日払いというサービスもあります。

企業が振り込む前に先に請求書を買い取ってお金を振り込んでくれるサービスです。
フリーランスなのに給料の前借りができます。

ただし、ここのみ手数料がかかります。

手数料は3~10%。

 

なぜ3~10%と幅があるかというと、フリーナンスで作った口座を経由して、たくさんお金を振り込まれたり連携のサービスを登録したりすると与信スコアが上がります。

与信スコアが上がると、手数料は下がるという仕組みです。

 

そのためたくさん稼いでいる人ほど有利になります。

とはいえ稼ぎがまだ多くなくてもすぐに現金化できるというメリットは大きいと思います。

使い勝手は?

使い勝手はかなり良いです!

基本は放置でOK

口座を開設したら、サービス連携などをして与信スコアをアップさせるくらいしかやることはありません。

あとは仕事を受けて振り込みを待つのみです!

 

何が良いかと言われると精神の安定に繋がります。

普通に振り込まれれば手数料もかからず自分の口座に振り込まれます。
もし未払いのトラブルになった場合や、すぐに現金化したい場合は、請求書をGMOに提出して即日払いをしてもらうだけ。

お金が全額振り込まれなかった・・・というトラブルを回避できる安心感はかなり大きいです。

即日払いを利用するときのポイント

即日払いを利用する際にはいくつか注意点があります。

請求書の発行は必須

請求書は必ず発行して、取引先に送りましょう。

普通は発行すると思うのでここは問題ないと思います。

法人との取引のみ

もう一つ、法人が取引先の場合にのみ即日払いは利用できます。

一般の消費者、個人事業主などが取引先の場合は即日払いを利用できません。

 

割とBtoCでの未払いトラブルもよく聞くのですが、それには使えないということを念頭に置いておいたほうがいいです。

法人の情報をしっかり聞いておく

当たり前のことではあるんですが

・会社名

・担当者名

・取引先の電話番号

・取引先のメールアドレス

などを事前に聞いておく必要があります。

 

最近はLINEやチャットワークなどでやり取りすることも多いので注意です

 

僕も以前、電話番号やメールアドレスを教えていただけないことがありました。

そして未払いで困ったけど、情報がないので即日払いも利用できなかった経験があります。

ネットで検索しても電話番号やメールアドレスをHPに記載していない場合もあるので最初に聞いておいたほうが良いと思います。

登録期間が短縮されました!!

これから登録する方は審査なども含め2週間くらいかかるので利用できないでしょう。
→現在は最短3時間で登録できるそうです!

公式さんがTwitterのメッセージで教えてくれました(^^)

これは朗報ですね。

まとめ

・料金は基本、無料で使える

・即日払いのみ手数料がかかる

・利用は基本は放置でOK

・即日払いには請求書と法人の情報が必要

・現在、手数料0%で即日払いが利用できる

・最短3時間で登録できる

 

フリーナンスを使ってみてかなり安心感があります。

基本はトラブルを起こさないのが良いですが、どうしても巻き込まれてしまうことはあります。

企業相手でも「未払いとか、本当にあるんだ・・・」って思いました。

リスクに備えられるのは大きいメリットですし、デメリットは即日払いを利用すれば手数料がかかるという点のみです。

良さそうだなと思ったら利用してみてください(^^)


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました