【イラスト】初心者に必須ではないけど、あると便利な道具

こんにちは。
清水唯叶です。

別の記事でデジタルイラストを描くのに最低限必要なもの3つを紹介しました。

【デジタルイラスト】初心者がまず最初に準備すべき道具を紹介
デジタルイラストを始めてみたいけど何から準備すればいいかわからないといった悩みがあると思います。 揃えるのはPC、イラストソフト、ペンタブの3つだけです。 僕の経験を交えつつ、最初に揃えるのにオススメなものを紹介しています。

 

でも、お絵かきライフをもっと便利にする道具がたくさんあります。

 

今回は以下の4つをご紹介します。
・左手デバイス
・手袋
・デッサン人形
・本

これらは絵を描く動作を効率化したり、良い絵を描くための道具です。

 

左手デバイス

左手デバイスは左手だけで使えるキーボードのようなものです。

本来、イラストソフトにはショートカットキーが割り振られています。

それをキーボードで入力することでお絵かきを効率化することができます。

 

たとえばCtrl+Zで「一つ前にもどる」ことができます。

デジタルイラストでは「あー、いい線が引けなかったな」と思ったら、上記のショートカットキーで戻ることができます。

デジタルの利点の一つですね。

 

それをキーボードで行おうとするとブラインドタッチが必要になります。

またキー同士が離れているショートカットキーもあります。

 

そういった問題を解決してくれるのが左手デバイスです。

僕が現在使っているのはこちらです。


選んだポイントは以下の5つです
・キーが20個以上ある
・値段も高すぎない
・手を置くスペースがある
・キーボードと同じ大きさのキーで押しやすそう
・なんか光っててカッコいいw

一番、重要なポイントは自分がショートカットキーをいくつ使うかです。

よく使うキーの数をすべて割り振れるものを買ったほうがいいです。

僕の場合は20個で収まるので、これにしました。

キーが多いものほど値段が上がります。

 

使用してみた感想は概ね使いやすいです。

ドライバがアップデートした直後はたまに誤作動したりするのが難点です。
でも再起動すればすぐ直っているので個人的にはそこまで気になりません。

 

今、買うとしたらオススメはこちらです。


去年くらいに見たときはもっと高かった気がしたんですが値下がりしてます。

僕が良いと思うポイントはこちら
・小さくて手に収まる
・安い
・ボタンが多い
・手を机の上に常に置いていなくていい
・Bluetoothなので配線がかさばらない

デメリットはボタンが小さいことくらいですかね。

 

CLIP STUDIO TABMATEはセルシスのページからだと安く購入できます。

条件はCLIP STUDIO PAINT PROまたはCLIP STUDIO PAINT EXをすでに購入していることです。

手袋

絵を描いているとタブレットと手が擦れて小指の付け根あたりが痛くなったりしたことはありませんか?

手袋を使うと摩擦が軽減されるので、擦れることもなくなり線も引きやすくなります。

僕が使っているのはこちらです。

選んだポイントは安かったからです。

他にも似たような商品はたくさんあって数百円の違いです。

500円くらいなので、そこまで考えて買わなくてもいいと思います。

 

使ってみての感想ですが、良好です

手洗いしても問題なかったですし。

長く使い続けられています。

1つしか買わなかったんですが、2つ買って交互に使ってもいいかもしれませんね。

 

デッサン人形

上の画像のような、木の大まかな人形はちょっとイマイチかなと思います。

デッサン人形は以下の2つを満たしている方がいいと思います。
・人の形をしている
・可動域が人間の範囲と同じ

個人的に買うならこの商品かなと。


レビューを見ましたが賛否両論。

見た感じ、フィギュアとか作る人は細かい部分が気になるようです。

でも絵を描くときのアタリとして使いたいだけなので、高度な造形美や肉体の再現とかは割とどーでもいいです。

絵を描くときには細かい部分は写真とかの資料を見ましょう。

他のものは高くてもったいないと思います。
5000円以上払う必要はないと個人的には考えています。

 

本はなくても最近は動画などで勉強できます。

便利な世の中です。

 

本の良さは何かというと情報が1つにまとまっていることです。

個人的には2種類の本があれば便利かもしれません。
・デッサンの本
・色塗りの本

ちなみに僕は最近は画集とかしか買ってないです。
始めた頃はいろいろ買っていました。

今、家にあるのは20冊くらいです。

僕が持っている本の中でオススメを数冊紹介します。


ちょっとリアル寄りですが、デッサンの勉強になる本です。

個人的な印象ですが、デッサンの本はリアル寄りのもののほうが勉強になる気がします。

 

昔(絵を描き始めた頃)に買った本なので今はもっと良いのがあるかもしれません。

でも、デッサンは基本的に変わらないと思うので、新しい本にこだわらず自分の気に入った本を探してみてください。


単純に好きな絵師さんが多く載っていたので購入しました。

今は仕事の内容に合わせアニメ塗り中心にしていますが、昔は厚塗りが好きだったので。

そのためとても役に立っています。

 

色塗りの本は自分の好きな絵柄や、こんなふうに塗りたいという人が書いているものを選んだほうがいいと思います。

 


最近はデフォルメされているけどリアルも含まれたイラストが多い印象です。

そのためリアルな光や色の表現を学んでおくと良いと思います。

この本は絵描きさんからの評価も高いのでオススメです。

 

ちょっと難しいので初心者のうちに読むと、たぶん挫折します

ある程度、描けるようになってきて、「もっと上手くなりたい!!」と思った時に買ってみるといいと思います。

 

他にもありますが多すぎるので、また別の機会に紹介しようと思います。

 

ちなみに本を買うときは書店に行って中身をざっと見てからAmazonや楽天で買うのが良いですよ。

基本的にネットのほうが安いしポイントも付くので。

こだわりがない人は中古でもいいかも。

まとめ

 

左手デバイス

CLIP STUDIO TABMATECLIP STUDIO PAINT PROまたはCLIP STUDIO PAINT EXを購入してからだと安く買える。

手袋

デッサン人形

 

一度に買う必要はありませんが、必要に応じて買うことで絵の上達につながると思います。

良かったら参考にしていただけたら嬉しいです。

 

あと現在、Amazonでセールをしているみたいです。

この機会に買い物するのも良いかもしれません。


 

コメント

  1. けいすけ より:

    左手用デバイスがすごくカッコいい

    確かにあるとちょっと便利というか痒いところに手が届く感じですね。

    小指と薬指だけの手袋は初めてみました。

    スポーツ用かと思ったら違うんですね。

    • 清水唯叶清水唯叶 より:

      コメントありがとうございます(^^)

      左手デバイスはメカ的でカッコいいですよね。
      作業が中断されずに描けるので、あると快適ですよ。

      絵描き用はだいたい小指と薬指だけのものが多いです。
      普通の安い手袋をたくさん買って、小指と薬指の部分以外をハサミで切って作る人もいます。

タイトルとURLをコピーしました